FC2ブログ
--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.10 *Sun*

5回ログ 本文

お花を愛でる理由を、すこし考えてみました。

お花は、最近は長期保存できますが、
それでも生きていますから、その姿を楽しめるのは、ほんの短い時間です。
1日とか、3日とか。長くても1ヶ月くらいでしょうか。
すぐに移り変わって、またその季節にあった、違う花がお目見えします。

造花も美しいですが、私は生花が好きです。
花の本当に美しいときを、そのまま切り取った。そんな気がします。

花を摘み取ってしまったと思うと、寂しさを感じるのですが
植物はずいぶん丈夫なようで、また生えてきてくれます。
タネを飛ばしたり、球根になったりして。
まぁ、その生命力に甘えすぎるわけにもいかないんですけど。

たくさんの植物の、美しいと思うところだけを切り取って
それを集めて束にして飾る。
しかも、生花だと、頑張っても数日しかもちません。
もう、摘み取られて成長しない花だから。

生花でなくても、蕾から花になったら、やっぱり短期間でしぼんでしまいます。


そんな泡沫の美しさがあるから、いいのかもしれないですね。


                        ◇
                        ◆
                        ◇



パミスの花は、はっきりいって引っこ抜いてきた花なのですが
そのまま長持ちするほうがいいのか、
短時間で枯れてしまうまでを楽しんでもらったほうがいいのか
すこーし考えてみました。

幸い、こういう世界ですから。
受け取ってくれt・・・・いや強制的に貰わされた方々の、お好みに合わせたいと思います。
その花は生花かもしれないし、鉢植えかもしれないし、何種類かの花束かもしれません。




あなたは、その花に、どれだけ傍にいてほしいですか?

きっと、その花は、その願いの分だけ、傍にいてくれる花になると思います、この島では。


                        ◇
                        ◆
                        ◇



さて。今宵はここまでに致しましょう。
皆様、良い旅を。
スポンサーサイト
| 偽島 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



同人情報用ブログはこちら



最近の記事+コメント



カテゴリー



プロフィール

潮澄アヤ

Author:潮澄アヤ
お手紙等はメールフォームか拍手からお気軽に。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらからも送れます。 メールフォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



更新ブログ記事一覧



Copyright © 花飛小径 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。