--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.01 *Fri*

第3回 ログ 本文

パミスのことについてお話し致しましょう。

この島には、招待状を頼りに辿り着いたのはご存知の通りですね。
不思議な島の探索と財宝。
それを持ち帰るための、7つの宝玉のありか。
しかし、その目的は、人それぞれであって。

パミスも、その招待状に誘われて、この島に入った一人です。
とはいえ、あまたの財宝を手に入れることが目的ではありません。

好奇心。未知なる物への好奇心。
それだけです。

パミスには、兄がいます。名をジプサムといいます。
剣士です。今はどこで何をしているのか、パミスは知りません。

パミスはというと、この島で花屋を営むことにしました。

花屋といっても、お代は貰っていません。
なんせ、拾い物ばかりですから。
この島は、財宝がどうとかいう話が持ち上がるだけあってか、色々なものが豊富に落ちています。
拾うも持ち帰るも、誰かの所有物でなければ、割合自由なようです。

それでも、この世界には、あまりにいろいろな物があるからか、なかなか「花」だけを集めているところは珍しいらしく、たまーにお客さんが訪れます。

屋台のように移動する移動店舗ですから、なかなか遭遇するのも難しいのですけれど。


パミス自身は、植物に秀でているかというと、どちらかといえば風水士に近い腕を持っています。
植物の育成に長けている訳ではありませんが、気象の変化には敏感なようです。
そのおかげか、植物を枯らしたことはないようです。
将来の夢は気象予報士、かも知れません。



                        ◇
                        ◆
                        ◇



この島へ来て、まず最初に見つけたのは、歩行する雑草でした。
その雑草は、ろくに喋りはしませんが、意思の疎通は辛うじて出来たようです。
この世界に限ったことではありませんが、旅は道連れといいます。
折角だから、なんとか同行してもらえないものかな、と、パミスは考えました。

雑草は、一つの呪文を口にしました。
「モサ モササ モモササ モッサー ・・・・・・・・・」
かなり長い呪文でした。
これを、困ったとき、早口言葉のように唱えてみろ、というのです。

とても長い呪文だったのですが、忘れてしまうのは惜しいと思い、パミスはメモをしました。
「モサモ モサモサ モサー モサー」
その長い呪文が一体何なのか、さっぱりわかりませんでしたが
雑草は、『あんたならできそうだ』と、微妙なジェスチャーで伝えてくれたので、その言葉を信じることにしました。


魔方陣の外にいるときは、これといって困ったことは起きませんでした。
買い物をする人を見かけるくらいで、皆仲良く、お互いの夢を語り合っていました。

魔方陣の外に出ると、一変して数多くの生き物が襲いかかってきます。
最初に遭ったのは、まだ小さく、しがない黒い猫でした。

パミスは、ためしに雑草の言葉を信じ、呪文を唱えてみました。

「モサ モササ モモササ モッサー ・・・・・・・・・」

『モッサァァァァ』

どこからともなく、いや、足元からにょきにょきと、先日遭った雑草が生えてきました。

雑草は、猫にストレートパンチを御見舞いすると
「にゅあぁぁぁ~」
猫を空高くお星様に変えてしまいました。




『モサァァァァ・・・・・』

雑草は、何かやり終えたような清々しい表情をすると、そのまましゅわしゅわと地面に吸い込まれていき、やがて双葉の姿になり、そのまま消えていきました。

こうして、パミスと雑草の冒険は始まったのでした。



数日後。

「にゃー」

店の屋台で寝泊りしているパミスは、猫の鳴き声で目が覚めました。
戸をそっとあけてみると、外には黒い猫が一匹いました。

「にゃー」

どこかで見た気がしますが、パミスは忘れてしまいました。
しかし、よいしょっと屋台を動かし遺跡を移動しようとすると、その猫もついてきました。

「にゃー」

しかたないので、持っていたパンくずを少し食べさせ、しばらく飼うことにしました。
一瞬、猫に継ぎ目が見えたような気がしますが、気にしないことにしました。
きっと明日には、忘れていることでしょう。



                        ◇
                        ◆
                        ◇



さて。今宵はここまでに致しましょう。
皆様、良い旅を。
スポンサーサイト
| 偽島 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



同人情報用ブログはこちら



最近の記事+コメント



カテゴリー



プロフィール

潮澄アヤ

Author:潮澄アヤ
お手紙等はメールフォームか拍手からお気軽に。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらからも送れます。 メールフォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



更新ブログ記事一覧



Copyright © 花飛小径 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。